見積書

住友林業の初回提案の見積額について~予算500万円オーバーだぞっ~

こんにちは、かなぴです。
(Twitter : Kanapi_House)

今回は住友林業の初回提案の見積額についてがテーマです。

住友林業から非常に魅力的な間取り提案をいただいた私たち。

早くも新しい生活に期待が膨らんでいるところに、お見積という爆弾が投下されます。

そこには予算を500万円オーバーした見積額が載っていたのです…。

 

このページでは、住友林業の初回提案の見積額について、お話していきたいと思います。

また、初回見積りに対して、今だから思えることについても、あわせてお話します。

 

間取り提案の内容については、前々回と前回の記事に詳しくまとめています。
見てないよー!という方は、こちらもご覧くださいませ。

 

<前々回>

関連記事

こんにちは、かなぴです。(Twitter : Kanapi_House)今回は住友林業からいただいた初回の間取りの内容がテーマです。前回の記事のとおり、私たち家族は分譲地の一区画の土地を購入することに決めました。[…]

DesignPlan

<前回>

関連記事

こんにちは、かなぴです。(Twitter : Kanapi_House)今回は住友林業の間取り案を徹底解説!がテーマです。 前回の記事では、住友林業からいただいた、「ゾーニングの考え方と周辺環境[…]

間取り徹底解説

 

ではでは、張り切っていきましょ!

 

 

 

間取りのおさらい

見積額をご紹介していく前に!

「この間取りでこの価格か~」

というのが伝わりやすいように、もう一度、間取りをささっとご紹介させていただきます。

まずは1階部分です。
床面積は約26坪(約86㎡)となっていて、2階建てにしては結構広いです。

1階部分

 

続いて2階部分です。
床面積が約15坪(50㎡)となっていて、これとは別に吹抜(Voidの部分)が約2.5坪(約8㎡)あります。

2階部分

 

というわけで、延床約41坪(約136㎡)+吹抜約2.5坪(約8㎡)のおうちです。

4人~5人家族を想定しているので、一般的な大きさの家かなと思います。

ご覧のとおり子供部屋が2部屋しかないので、「5人家族になったらどうしよう」という思いはあるのですが…。

今は子供は1人です。
これから先、2人目に恵まれないかも知れませんし、双子が産まれるかも知れません。

そんなことを考え出すといつまでも家が建たないので、その時になって考えようと思ってます。

 

 

 

初回提案の見積額

見積

住友林業から提示をいただいた見積額はこちらです。
税抜価格の部分は、10万円単位で端数処理(四捨五入)しています。

項目詳細見積額備考
建物工事費
  • 本体工事
  • 提案工事
  • 設計料  など
税抜:4,060万円
税込:4,466万円(10%)
提案工事(オプション)は仮で300万円を計上
付帯工事費
  • 地盤改良費
  • 仮設工事費
  • 屋外給排水工事
  • 全館空調工事 など
税抜:380万円
税込:418万円(10%)
地盤改良費は仮で0円を計上
その他工事
  • 照明工事
  • カーテン工事
  • 外構工事
税抜:400万円
税込:440万円
照明工事、カーテン工事は仮で100万円を計上
外構工事は仮で300万円を計上
雑諸費
  • 登記費用
  • 火災保険費用 など
70万円(非課税)ローンの手数料は仮で0円を計上
合計税抜:4,910万円
税込:5,394万円

総額は約5,400万円です。
すでに契約した土地代の約1,600万円とあわせると、総額は約7,000万円になります。

いやいや!かなぴ家にはめっちゃキツイ!!

 

私たちは、家づくりの予算を約6,500万円と設定していました。(家具、家電は含まず)
結構背伸びをして、その予算です。

すでに土地代で1,600万円掛かっています。

このため、家本体と雑諸費(登記費用など)は4,900万円の中でやりくりをすることに決めて、間取り作成を依頼する時に予算をお伝えしていました。

 

税込で500万円くらいオーバーしてるやん…

 

かなぴ「(あれ?予算どこいった?)」

かなぴ「(もっと少なめに予算言っておけばよかったかな…)」

と、いろんな思いがぐるぐるします。

そして、妻は隣で固まっております。怖いです。

 


そんな風に夫婦で固まっていると、

営業担当さん「私の権限で、総額4,900万円程度まではお値引きは可能だと思います」

こんな風にドヤッってきます。

かなぴ「えっ(営業担当さん、役職付いてないやん…権限どうなってるの…)」

 

ということで、素敵な間取りとともに、住宅業界の見積りの闇を垣間見ることになりました。

 

まあでも、「予算内に収まってます!」と言ってた他社さんで、
税込6,200万円(1,300万円オーバー)だったので、それよりは良いのか…?

どっちもダメだろっ!

 

 

 

初回の見積は全然あてにならない

あてにならない

ついつい合計の金額ばかりに目が行きがちになるのですが…

先ほどの見積りの備考欄を見てください、ここです!ここ!!

  • 提案工事(オプション)は仮で300万円を計上
  • 地盤改良費は仮で0円を計上
  • 照明工事、カーテン工事は仮で100万円を計上
  • 外構工事は仮で300万円を計上
  • ローンの手数料は仮で0円を計上

 

めっちゃ仮ばっかりなんですよ…

前にCMしてた、ガールフレンド(仮)を彷彿とさせる勢いですよ。

 

いや、初回なので仮になるのは当然なんですけどね。
でも、着工直前まで来た今だから言える…!!

絶対に足りません。

 

この仮で計上している額を、実際にかなり近い額や、実際より多い額で計上してくるパターンってほとんどないと思います。

やっぱり、見積りが高く見えると敬遠されるものですし…。
(施主さんが要望を伝えきれていない側面も、多少はあると思いますが)

 

でも、本当に施主さんのことを思うのなら、実際より多い額で計上するくらいの方が良いはずなんです。

後になって採用したいオプションが出たときにも充当できますし、最終的に余ったとしても損はしません。

 

営業担当さん「当社は、○○や××の理由でこの額を計上しています。」
営業担当さん「他社さんと比べると高いかも知れませんが、比較なさってください。」

くらい言った方が、施主からの信頼を絶対勝ち取れると思うんですが…。

なかなかうまくいかないものなんでしょうか。

 

そんなわけで、初回提案時の見積合計額は全然あてにならないです。
値引きのことを引き合いに出し始めると、ますますサッパリ分からなくなります。

実際に、我が家も全然あてにならなかったことが、後になって分かりました。

 

見積額をチェックするより、見積根拠をチェックする方が100倍大事です。

これは本当に強く言いたい…!

 

 

 

次回予告

このページでは、我が家の初回提案の見積額についてご紹介しました。

がっつり500万円オーバーした見積りと、謎のお値引きを提示されて終了しました。

 

当時は見積額と値引額に一喜一憂しましたが…
実際には、仮で計上しているものばかりですので、初回提案時の見積合計額は全然あてにならないです。

むしろ、見積根拠をチェックして、その妥当性を確認することの方が遥かに大事です!
他社の見積りと比較する時にも、見積根拠を基にして比較した方が、ずっと良い比較になります。

 

そんなわけで、次回は、

  1. 見積額の精度を上げるための方法
  2. 施主さんにとって安心安全な見積を獲得するためにできること

について、私の経験と今の知見をもとにお話したいと思います。

おしまい。

見積書
最新情報をチェックしよう!