アイキャッチ画像_本体工事内訳

住友林業の本体工事の内訳は7項目!提案工事だけにきこりん税が掛かるのは間違い!?

こんにちは、かなぴです。 (Twitter : Kanapi_House)

今回は、住友林業の本体工事/提案工事の概要と、本体工事の内訳についてがテーマです。

住友林業と建物工事請負契約を締結している私が、

  • 本体工事と提案工事ってなに?
  • 本邦初公開!?本体工事の内訳
  • 我が家の実例から見る本体工事の内訳の金額割合

といった内容をお話していきたいと思います。

その中でも特に、通常ではあまり公開されない「本体工事の内訳」をメインにお話します。

内訳が分かったほうが見積もりに透明性が生まれて安心ですよね。
それに自分の家のことを少しでも詳しく知ることにも繋がります。とても良いことです。


結論から言うと、住友林業の本体工事は7つの工事区分に分けられています。
また、それぞれの項目ごとに費用をきちんと見積してくれています。(あたりまえですが…)

 
かなぴ
今回結構攻めた内容になってるかも!大丈夫!?

ちなみに、今回登場する内訳は施主に提示できる範囲のものであることは担当営業の方に確認済です。

ただ、そうは言いながらも今後場合によっては記事を非公開にさせていただくことがあるかも知れません。

そうなる前にぜひ読んでみてください!

今回の記事は私の事例をもとにしています。
所轄支店の違いにより内容が異なる場合がありますのでご留意ください。
 
 
 

住友林業の本体工事と提案工事ってなに?

工事費用

我が家の見積もりの大まかな内訳はこのようになっています。

このうち本体工事と提案工事の部分についてご説明します。

もう知ってるよ~という方は、読み飛ばしてOKです。

本体工事について

本体工事とは家を建てるために必ず必要となる工事のことです。
どのハウスメーカー/工務店にも存在する項目です。(少し名称は違うかも)

本体工事の費用は建物面積や形状によって大きく変わります。
たいていの場合、建築工事の総費用のうち7割~8割程度を占めているケースが多いかなと思います。

 
かなぴ
平屋は高いとか総二階は安いとか言われるのは、本体工事の金額の違いです。

本体工事の細かい内訳は、ハウスメーカー/工務店によって書いてくれる場合とそうでない場合があります。
住友林業の場合は本体工事と書かれているだけで、その内訳は全く分かりません

提案工事について

提案工事とはいわゆるオプション工事のことです。

住友林業では標準仕様と提案仕様という二種類の仕様が存在しています。

標準仕様とは住友林業で採用できる標準グレードの商品のことを指しています。
トイレを例に挙げると、1階のトイレはロータンク型のトイレが標準グレードの商品になります。
この標準グレードの商品をそのまま採用した場合、費用は本体工事に計上されます

一方、提案仕様とは住友林業で採用できるハイグレードの商品のことを指しています。
同じくトイレを例に挙げると、TOTOのネオレスト(タンクレストイレ)がハイグレードの商品になります。

TOTO トイレ商品 ネオレストAH/RH/DH(NEOREST AH/RH/DH)

美しいデザインに、美しさのためのテクノロジーを搭載したウォシュレット一体形便器(タンクレストイレ)「ネオレスト」をご紹介…

ハイグレードの商品を採用した場合、標準グレードから差額で必要になる費用が提案工事に計上されます

提案工事の例

なお、そもそも標準仕様に存在しない商品を採用した場合は、費用はすべて提案工事に計上されます。

 
かなぴ
玄関横に洗面台を追加する場合などがこれに該当します

提案工事に含まれるきこりん税…実は…

住友林業を建築依頼先の候補にしたことがある方は、一度は「きこりん税」という言葉を聞いたことがあると思います。

きこりん税は有無を言わさず計上される12%の諸経費のことです。

猫のイラストねこ
知ってる!提案工事に必要な諸経費のことだよね!

はい、広くそのように認知されています。
このため、ハイグレードの商品や特注品を採用すると商品代だけでなく諸経費までお金が掛かってしまうとよく言われています。

私もついこの前まではそう思っていました。

でも、違うんです。

そう、本体工事にも諸経費は含まれていたんです…。

 
かなぴ
まじかっ!!!
 
 
 

本邦初公開!?本体工事の工事区分の内訳

本体工事にも諸経費(きこりん税)が含まれています。
本体工事の内訳を知ることで明らかになりました。

その内訳がこちら。

No.工事区分摘要
1躯体工事

・仮設工事
・基礎工事
・大工工事
・木材費

2外部仕上工事・屋根仕上
・破風軒天仕上
・樋
・外壁仕上 など
3内部仕上工事・床仕上
・壁仕上
・天井仕上
・階段 など
4建具工事・外部建具工事
・内部建具工事
5備品・住設機器・収納工事・外部備品
・内部備品
・住宅設備機器
・システム収納
6屋内給排水・給湯・衛生設備工事・屋内給排水工事
・給湯設備
・衛生設備
7屋内電気設備工事・屋内電気設備工事
8諸経費・諸経費(きこりん税)

No.8の部分をみてください。
がっつり諸経費が入っています

ということで、提案工事だから諸経費が余計に必要になるということは無いことが分かりました。

 
かなぴ
諸経費という項目の存在が良いか悪いかは置いておいて笑
少し話は逸れますが、大体こんな工事するんだろうな~と思っていても、こんな風に内訳がしっかり分かるのってありがたいですよね。
私の要望にしっかりとご対応いただいた担当営業の方にとても感謝しています!

我が家の実例から見る本体工事の内訳の金額割合

先ほどご紹介した本体工事の内訳ですが、我が家の場合の金額割合はこのようになっています。
※四捨五入の都合で割合が100%になっていませんが、ご了承ください
No.工事区分金額割合
1躯体工事53.0%
2外部仕上工事14.7%
3内部仕上工事5.8%
4建具工事11.5%
5備品・住設機器・収納工事8.1%
6屋内給排水・給湯・衛生設備工事3.2%
7屋内電気設備工事3.8%

躯体工事が半分以上の割合を占めています。

また、一覧に諸経費が登場していませんが、見積内訳の取扱い上は別出している感じになっています。

この諸経費の割合はNo.1~No.7の合計金額の12%になっており、提案工事で言われている12%のきこりん税と一致します。

ということで、本体工事でも提案工事でも諸経費の割合は変わらないことが分かりました。

 
かなぴ
提案工事になると利益を上乗せしてくる…!!ということはありませんのでご安心ください。
 
 
 

まとめ

今回は本体工事と提案工事の概要や、内訳が全く分からない本体工事の中身をご紹介しました。
本体工事の中身と言ってもまだまだ項目が大きいですが、少しでも内訳が分かると安心感に繋がると思います。
 
かなぴ
さすがにこれ以上の内訳は出してもらえないと思います…
また、内訳が分かったことで、提案工事にだけ含まれると思われていた諸経費(きこりん税)が本体工事にも含まれていることが分かりました。(それが良いか悪いかは別として)
提案工事だから見積もりが余計に高くなるといったことはありませんのでご安心ください。
ただ、提案工事は商品自体の金額が高いという事実は変わりませんのでご注意を!
我が家は今後もお財布と妻と相談しながら、私たちなりにこだわりを持った家が完成するようにがんばります。
これからもぜひご覧いただけると嬉しいです。
おしまい。
アイキャッチ画像_本体工事内訳
最新情報をチェックしよう!